スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

】シュレッダーでばらばらになった文書、復元できたら380万円 米国防総省

1:かなえφ ★:2011/10/29(土) 22:42:57.04 ID:???0

 米国防総省は、シュレッダーにかけられた文書を復元できるか参加者が競うコンテストを行うと発表した。
最高で賞金5万ドル(約380万円)が出る。

 画期的な復元手法の開発につなげるのが狙いで、押収したテロリストの文書を読んだり、国家機密の
文書をシュレッダーで細かくするのは安全か判定したりするのに役立てる。

 主催は同省高等研究計画局(DARPA)で、「シュレッダー・チャレンジ」と題する専用サイトに、市販の
シュレッダーでばらばらになった5種類の文書を公開した。参加資格は、18歳以上の米国永住の個人か
チーム。紙片を元通りにし、手書きの文章を読まなければ解けない質問に答える。完全に文書を復元した
場合の最高額は5万ドルになる。

 シュレッダーで細かくなった紙は、人間が手で復元したり、コンピューターで自動復元したりできる。しかし
同省は「現在の方法では遅すぎ、人手がかかりすぎる」とし、科学者やパズル愛好家に斬新な手法の提案を
呼びかけている。

(2011年10月29日22時26分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20111029-OYT1T00757.htm
▽米国防総省高等研究計画局(DARPA)が公開した挑戦課題の一つ。文書が市販のシュレッダーで細かく刻まれている(米国防総省提供)(画像)

1_20111030182109.jpg

[ 2011/10/30 18:21 ] 海外 | TB(0) | CM(1)
案内所
  • トップページ
  • このブログについて
  • Twitter


  • 950*250でトップ絵を描いて下さる方奇特な方募集中です!
    kojikich@gmail.com
    アクセスランキング
    検索フォーム
    QRコード
    QR


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。