スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「村に来て 20万円×3年あげるだべ」…茨城

1:名無しさん@涙目です。(伏見稲荷):2011/12/31(土) 11:33:49.16 ID:+Y115QwK0

美浦村は村に定住した世帯を対象に、5年間で最高100万円を奨励金として支給する定住促進策を打ち出した。
村外からの移住を推し進め、JRA美浦トレーニングセンター(トレセン)従事者の村外流出を防ぐ狙い。
村人口がこの5年間で約千人減少し、「このままでは村の活力が失われる。見過ごすことはできない」(村幹部)
との危機感が背景にある。定住促進で、これだけの厚遇措置は県内ではあまり例がないという。実施は1月2日から。

村が実施する定住促進策は、定住を目的に村内の土地・住宅を取得して固定資産税を賦課された村民が対象。
「定住促進奨励金」として、義務教育終了前の子どもがいる世帯に毎年20万円を限度に5年間、義務教育終了前の
子どもがいない世帯には同じく20万円を限度に3年間支給する。

世帯の構成によって支給期間に違いを設けたのは、子育て支援を考慮した。

人口1万7千人の村としては思い切った定住策だが、背景には、人口減少に歯止めがかからない現状がある。
特に、トレセンに従事する騎手や調教師、厩務(きゅうむ)員の世帯の村外流出が目立つためだ。

茨城新聞
http://ibarakinews.jp/news/news.php?f_jun=13252554446415




[ 2011/12/31 12:16 ] お得情報 | TB(0) | CM(1)
案内所
  • トップページ
  • このブログについて
  • Twitter


  • 950*250でトップ絵を描いて下さる方奇特な方募集中です!
    kojikich@gmail.com
    アクセスランキング
    検索フォーム
    QRコード
    QR


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。